ICT教育実践編

1. ICT教育実践編①

投稿日時: 04/07 kurosawa

今回ご紹介するのはEdmodo(エドモド)という教育プラットフォームです。

  

 

 

 

 

 

 これを使うと、情報の発信、双方向のやり取り、課題の提出・回収、小テストなどがオンラインでできます。

 

手順

1)利用登録し、クラスを作成する

2)生徒を招待する(クラスに入ってきてもらう)

3)やり取りする

  ①投稿する・・・お知らせ、共有したい情報、ウェブのリンクなどを投稿します。

   普通のソーシャルメディアと同様の使い勝手です。読んだ生徒も「いいね!」したり返信したりできます。

  ②課題の提出・回収・・・「課題を作成」→必要事項を入力→「出題」

               生徒はこの課題に取り組み「提出」

  ③小テスト・・・「小テストを作成」→必要事項を入力→「出題」

           生徒はこの小テストに取り組み「提出」

   ②、③において先生は、誰が提出したか、誰がどのような答えを出したか、

  全体の正答率はどうかなど、一切管理したり採点することなく把握できます!

 

Edmodoのいいところは

  ①生徒が利用する際メールアドレスが要らない⇒すぐ利用できる!  

    ②Word、Excel、PDFなど、どんなファイルでも出題したり提出したりできる!

今回の感染症による急な休校の際も、すぐに使えてとても役立ちました。

 

ネット上にもEdmodoに関する情報があふれていますし、動画で使い方を解説しているものもあります。

Edmodoサポートセンターでも先生用の使い方ガイドを提供しています。

 

 

 

 

ICTの力で、生徒も先生もHAPPYに!