ICT教育

ICT教育

ICT教育講演会開催

 12月24日(木)、本校にてICT教育講演会が開催されました。

 この講演会には、本校職員のほか30名ほどの外部からの参加者がいらっしゃいましたが、新型コロナ感染拡大防止のために、急遽、Zoomによる参加をお願いしました。また、保原高校の教員も、会場である視聴覚教室だけでなく、各職員室でZoomによる参加も可能とし、まさにICTの特色を生かすリモート感満載の開催となりました。

 講師は福島大学教育推進機構特任准教授である前川直哉さんにお願いし、「オンライン授業の経験から見えてきたこと」という演題でご講演を頂きました。年度当初のコロナ禍の混乱、その対処としての福島大学全体のオンライン授業化の準備・運営の推進役を担われたご経験など、大変意義深い貴重なお話しを頂きました。高校のオンライン授業においてもその具体的な手法や考え方は大変参考になるものでした。また、本校の教員だけでなく、Zoomによる参加をされた県内の先生方や教育関係者、さらには山梨県や宮城県など県外の先生方からも多くの質問があり、前川先生には一つ一つ丁寧に答えて頂き、大変ありがたい講演会でした。

 講演会に参加いただいた方々には、それぞれのお立場で今後のオンライン授業実践の参考にしていただけるものと期待しております。本校においても、オンライン授業の活用について、さらに広く、深く研究していきたいと考えております。

令和2年度 ICT教育講演会のおしらせ(全日制)

 12月24日(木)に「ICT教育講演会」を実施いたします。

 今年、コロナ禍での教育の継続方法として話題となりました「オンライン授業」について、福島大学での実践を踏まえながら、その成果と可能性をメリット・デメリットの観点からお話し頂く内容です。大きな転換点を迎えた学校教育で、ICT活用の在り方を学ぶ絶好の機会であり、また、本講演会もWeb(Zoom)を活用した講演会であります。

 教育関係者はじめ、興味関心のある方に是非ともご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

 

参加申込書R2 ICT教育講演会.docx

  

 

 

 

 

 

 

令和元年度 福島県立保原高等学校 ICT教育講演会のお知らせ(全日制)

令和元年度 ICT教育講演会のお知らせ(全日制)

 

 本校では、12月24日(火)に「ICT教育講演会」を実施いたします。

 「主体的・対話的で深い学び」をはじめとする学校運営全般における有効なICT活用について実践事例などからお話しいただくとともに、教員のICTを活用した授業や生徒がどのようにICTを活用すべきかなどについてお話しいただきます。さらに講演の中では、参加者の方々にICT機器を活用いただく場面を設ける予定です。

 ご多用の中とは存じますが、是非ともご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

ICT教育講演会案内2019 .pdf

参加申込書2019.docx

令和元年度 福島県立保原高等学校 ICT教育実践研修会(全日制)

 令和元年度 福島県立保原高等学校 ICT教育実践研修会(全日制)

 本校では、11月11日(月)に「ICT教育実践研修会」を実施いたしました。

 教育関係者ら約40名に参加して頂き、午前はパソコンやタブレット、電子黒板を学習に活用した10科目の公開授業をご覧頂きました。

 午後は東北学院大学文学部の稲垣忠教授に「ICT・EdTechによる新たな学びと授業の役割」と題して、“授業ではどのようにICTを活用するか”、“生徒の学びをEdTechがどのように豊かにするか”、“これからの「学校」はどのような学校になるのか”、“「授業」はどのような場になるのか”など大変興味深い講演をして頂きました。

 なお、12月24日(火)には、埼玉県立狭山工業高等学校主幹教諭 髙井潤氏を講師として「ICT教育講演会」(14:00~15:50 本校)を公開講演会として実施いたします。関心のある皆様のご参加を心からお待ちしております。本校は、ICT教育を今後も推進してまいります。